Library: アメリカ生活便利情報 アメリカ生活便利情報

Google Adsenseからの寄付を考えてみる

東日本大震災発生以降、海外に住む私達は多分半テンポ位の遅れで災害への対応、復興に向けた動きをニュースやインターネット、SNSから得ていると思う。 そんな動きを見て今回感じたのは、日本も、そして多分世界の国々も災害に対しての対応が臨機応変、多種多様になってきたのではないかと。 企業も、いち早くWebから寄付を受け付けたり、期間限定で電話無料サービス、インターネット利用サービスを開放したり、救援物資を届けたり。。。。企業力を発揮して支援に向かっている。 日本の友人達は、ペットボトル湯たんぽカバーを送ったり、チャリティーダンスレッスンを開催したり、バッグデザイナーの友人はこれから被災地の子供達に届けるスクールバッグを製作中。 また、ベイエリアの友人達もチャリティーレッスン、チャリティーコンサート、ベイクセール、ガレージセールを行って積極的に義援金集めを。 一方私は。。。。アメリカの口座からはUSのRed Crossに寄付を送り、日本の口座からは日本の赤十字に。 加えて、航空会社のポイントで寄付ができたのでこれは赤い羽根共同募金へ。 USのO’Reilly だけでなくO’Reilly JapanもE-Bookの売上を寄付とあったので、こちらからもE-bookを購入したりしていたのですが、どうもイマイチ。。。。 何か私が継続的にできる寄付の方法はないか、ツラツラ考えていて行き着いたのが、細々と続けているこのサイト^^;。 この地味ぃ~なサイトでもGoogle様からわずかながらの広告料を受け取っているので、この広告料を寄付できないかと思いつきました。 そこで検索してみたら、収益を直接寄付できる方法を準備中とのこと。 ここ。 よっしゃ。 準備出来次第これを申し込みましょう。  他に定期的に収益が上がってくるのは日本のAmazonなんですが、これは収益を(海外在住者のため)ギフト券で受け取っているのですが、これを寄付できるのかも調べてみましょ。 Amazon様によると、寄付すると発表してはいけないのですね。 ここ 今は何もしていないので、問題ないですね^^; Google AdsenseやAmazonから直接寄付ができるようになったら、このサイトでもこっそりと紹介していきますね。  いえいえ、このサイトが寄付していますという発表ではなく、収益から直接寄付できるようになりましたというお知らせです^^;  

Read more