Library: アメリカ生活便利情報 アメリカのマナーや習慣 アメリカ生活便利情報

日米の違い: 雇用、持ち家、年金

いつもお邪魔するisologueさんの、少し前のエントリー日本人の身体性と市場経済(「世界一受けたい授業」でやっていた驚くべき数値)がおもしろかったので、一般家庭の資産形成に影響すると思われる、日米の違いを少しまとめてみました。  ここに挙げた項目はあくまでも一般論です。 やや漠然とアメリカで老後を向かえるかもしれないという意識で家計を管理し、ゴミ資産^^;を運用していて気がつく、日米の投資に関する一番の違いは、老後の生活について、 日本では年金と退職金をベースにプラスアルファを考えると思うのですが、これに対して アメリカは、自分で稼ぐが基本で、定年退職するまでに 『約1億円(ミリオンダラー)』用意するのが一応の目安、目標と言われています。 (これはあくまでも一般論で、例えば、「家を買うときには物件の20%以上の現金を用意しておきましょう。」的な話です。 加えて、これはアメリカ全土の平均なので、物価の高いベイエリアは2~2.5倍は必要。) 定年までに1億円というと、一見大きな金額に見えるかもしれませんが、アメリカの平均年収が400万円くらい、これで退職後(アメリカは65歳)25年間の生活費を計算すると、約1億円になるので、この数字目安としてはなかなか妥当だと思います。    で、一般家庭では、どうやって老後の準備をするか、資産形成に関係すると思われる項目を、日本と比較してみました。   雇用 日本: – ほぼ終身雇用。 転職率低い – 退職金あり 定年退職金が高い。 米国: – 転職率高い。 米国平均は生涯に5~7回転職。 – 退職金なし アメリカ人は、生涯に5~7回転職すると言われています(正確な数字は、公表されていないようですが。) また、若い世代の転職率が多いようで、30代後半から転職率が下がる傾向にあるようです。 そのため退職金が受け取れない(Ex.勤続年数5年以内など)、受け取ってもわずかなため、退職金は老後の生活のためにあまり当てにはできません。   持ち家 日本:

Read more