Food: レストラン・アメリカの食材 Library: アメリカ生活便利情報 Uncategorized アメリカの食材 アメリカ生活便利情報

ヘルシーポテトチップスの作り方

アメリカ製ポテト星人と暮らす管理人にとって、ポテトチップスの消費量管理は大切な日課のひとつなのですが Chow tipで電子レンジで作るポテトチップスが紹介されていました。 この方法だと、油をほとんど使わずに自分の好みの味つけができるので、アメリカンサイズの大袋ポテトチップスよりはるかにヘルシーそうです。 作られた方のコメントによると、ポテトチップスよりポテトの香りがするとのこと。 さぁ、我が家でも作ってみましょう。    

Read more
Food: レストラン・アメリカの食材 Library: アメリカ生活便利情報 アメリカの食材 アメリカ生活便利情報

アメリカ人が喜ぶ日本料理 3

アメリカ人が喜ぶ日本料理 1では、アメリカ人に受ける・・・かもしれない^^;味付け、アメリカ人が喜ぶ日本料理 2では、アメリカ人が苦手・・・・かもしれない^^;日本料理について書きましたが、最終回の今回は、アメリカ人が喜ぶ日本料理のコツを。 そのコツとは・・・・一にプレゼン、二にプレゼン。 プレゼンテーション、お料理の飾りつけ、盛り付け、食器選び、その他諸々を楽しく工夫してみましょう。 例えば、今回、鶏つくねを作ったのですが、これを日本に帰ったときに行った居酒屋さんのマネをして↓ 青竹+竹べらで出したところ、大ウケ。  竹筒をへらを握り締めて尚、????だった家族達、へらで少しずつ掬って出すことを伝えると、歓喜、歓喜。 味よりも^^;、新しい体験を喜んでいたようです。 お寿司なども、手巻き寿司は友人達にも人気(これは、DYIが好きなアメリカ人の、「自分で作る」を刺激してよいのかも)。 時にケーキ型に入れて彩りよく押し寿司に。 また私には、できませんが^^;、飾り巻きやキャラ弁なども喜ばれると思います。 松花堂弁当もどきも目新しくよいかも。 アメリカ人にとって、プレゼンテーションがどのくらい大切か、とてもわかりやすいビデオがこれ。 マット デーモンがビストロスマップに出演したときのものです。 さぁ、これからも、家族が喜ぶ日本料理に精進してまいりましょう(本当かな^^;???)   Watch SMAP x SMAP 2007.10.29 –

Read more
Food: レストラン・アメリカの食材 Library: アメリカ生活便利情報 アメリカの食材 アメリカ生活便利情報

アメリカ人が喜ぶ日本料理 2

前回のエントリーでは、アメリカ人が喜ぶと思われる^^;日本料理を作るときのコツ、ご紹介しましたが、今回は逆にアメリカ人が苦手???かもしれない日本料理を。 香りを楽しむお料理&お吸い物系 日本料理には、香りを楽しむお料理・・・例えば今の時期なら松茸の土瓶蒸しなどがありますが、日本独特の香りを楽しむお料理は、アメリカ人にとって????かもしれません。 また、お味噌汁(Miso Soup)は、ある程度市民権を得てきていますが、出汁や香りを楽しむお吸い物も、よくわからない^^;お料理のひとつかもしれません。 アメリカのスープとクラムチャウダー、チリ、ビスク、トルティーヤスープのような、Thickで具沢山のスープが一般的。 勿論、ブイヨンを使ったスープも沢山ありますが、これも具沢山が主流。  なので、具の少ないお吸い物や松茸の香りを楽しむ土瓶蒸しは、日本通のアメリカ人以外には、よくわからない一品と思われます。   食感 アメリカの食材にみられない食感・・・これは、日本食を食べなれていないアメリカ人には違和感あるかもしれません。 例えば、昆布。 昆布巻きなどはちょっと甘く味付けできるので、味的にはアメリカ人にもOKなのでは・・・・と思いきや、昆布の食感に抵抗があるよう。 同様に例えば里芋。 アメリカのグロッサリーストアー(Safewayなど)では、一応普通に売られているのですが、里芋煮の食感は・・・・んんんん・・・・ 糸こんにゃくはSome Kind of Noodleで受け入れられても、こんにゃくになると駄目だったり。   筑前煮 今回の懐石風料理で自信を持って^^;出した筑前煮が、一番不評….orz…. 何故???何故???と今だに分析中^^;です。 里芋とこんにゃくは食感から避けられたとしても、ニンジン、椎茸、鶏肉などは大丈夫でしょう~、と思ったのですが、これらも全滅。 

Read more
Food: レストラン・アメリカの食材 Library: アメリカ生活便利情報 アメリカの食材 アメリカ生活便利情報

アメリカ人が喜ぶ日本料理 1

先日、久しぶりに家族が我が家に集まって食事をしました。  いつもは、義姉達に習って比較的オーソドックスなアメリカの家庭料理を作るのですが、今回は新しい試みとして^^;、懐石風のお料理を出すことにしました。 (あくまでも、懐石風です^^;) とはいっても、アメリカで揃う食材で、日本料理を食べ慣れていない人の口に合うようにいろいろ考え、夫に試食してもらいながら作りました。 その結果?!?!、喜んでもらえたお料理あり、イマイチだったお料理ありだったのですが、何となく日本料理を食べ慣れていないアメリカ人にも喜ばれる日本料理のコツあるようなので、ここに私が気が付いた点まとめてみます。   出汁 日本料理の出汁には、かつおだし、昆布だしなどがありますが、どちらかの味、風味が強い出汁はアメリカ人には「魚くさい」と感じるようです。  なのでこれらの出汁を使うときは、かつおと昆布を交ぜたりするとよいでしょう。 因みに、我が家の鍋料理、水炊き(かつおも昆布も入れないので、これが無難かと思った)からはじまって色々試行錯誤した結果、水炊きは一番不人気で^^;、かつおと昆布の出汁をちょっと強めにしたものが人気です。 土手鍋のようにお味噌を使ったものは、お味噌の好き嫌いによって人気が分かれるようです。   お刺身 懐石料理には、お造りが定番ですが、今回はパス。 夫&義兄達は、お刺身大好きですが、義姉の中にはお刺身苦手な人もいるので。   各国料理が集まるベイエリアではお刺身やお寿司もポピュラーですが、やはり大都市を離れると、お刺身やお寿司が苦手な人の割合がぐんと^^;増えます。 また、お寿司好きなアメリカ人でも、ネタ選びがちょっと難しいかも。  宗教的な理由から貝類や海老、カニ系を全く食さない人達もいるので。  また、食感???からか、トビッコは大丈夫でも、イクラは苦手とか(友人のご主人&夫などなど^^;)。 我が家の場合、シュリンプカクテルは前菜の定番なので、次回はもう少しお刺身系工夫して挑戦してみましょうかね。   たれ 日本食、特に懐石料理のよいところは、新鮮な素材の味を生かした味付けなのですが、ときにこれはアメリカ人にとってやや物足りないようです。 で、我が家では比較的に何にでも合うたれを2,3種類用意。 テリヤキのたれはアメリカ人大好きなので、はずれはないでしょう。 私的には^^;、ポン酢系が好きだったりするのですが、これは好き・・・not so much・・・が分かれるようです。 夫が大好きなのは、ケチャップとLea and

Read more
Food: レストラン・アメリカの食材 Library: アメリカ生活便利情報 アメリカの食材 アメリカ生活便利情報

日本のおかず:筑前煮

今はもう、海外に住んで日本の料理本を持っていなくても、インターネットでレシピを検索、同じ素材が見つからない地域ならば、どんな材料で代替できるかも調べられ、そこから自分の口に合う味が想像できれば、大抵そこそこの日本料理ができてしまうのですが、それでも!!!日本に帰ったときについつい買ってしまうのが、日本のお料理本^^; 今回日本に帰ったときに買ったのがこの本。   出汁のとり方と使い分けからはじまるこの本の、煮物の章にある 「筑前煮」。 煮物は出汁で煮る・・・と思っていたのに、書き出しから、「筑前煮」はとり肉から充分おいしい出汁が出るので出汁で煮る必要はないですよと・・・・  うっそぉ~~~、そうなんですか???と、ばかりに作ってみたら・・・・・おいしい、おいしい、おいしい、♥♥♥ 調味料はお酒とお醤油とお砂糖のみ。 最後に、柚子の皮を散らして・・・とあったので、柚子の皮の代わりに柚子コショウをちょっと振りかけたら、ますます、うまぁ~。 あ~、日本人でよかった。 次回、日本に帰るときは、絶対京味にお邪魔します。 口コミの写真みて、堅く心に誓いました^^; 平民にはちょっと高いお値段ですが、頑張って予約入れて伺います(きっぱり)。 さぁ、次は何を作ってみようかしらん、らん、ラン。    

Read more
Food: レストラン・アメリカの食材 Library: アメリカ生活便利情報 アメリカの食材 アメリカ生活便利情報

Martha Stewart の Slow-Cooker レシピ

アメリカで人気のキッチン家電のひとつにスロークッカーというのがあります。 こんなの→。 基本的に、材料を全部入れ長時間(6時間~10時間位)煮込むだけ。 おいしい煮込み料理の出来上がり!という、簡単、おいしい、経済的な、超優れものキッチン家電です。 煮込み料理に絶大な力を発揮してくれるスロークッカーですが、私の悩みはレシピの乏しさ^^;。 でも、こんなエントリー発見!!!! アメリカ、カリスマ主婦のマーサ スチュワートのスロークッカーレシピ12。[via Delish.com] 私、Martha Stewart Living という雑誌を講読していますが、彼女のレシピはシンプルで、でも、ちょっとした工夫やポイントが加えられているお洒落なお料理が多く、お気に入り。 その彼女のスロークッカーレシピとあって、早速ブックマークに。  これからの季節、おいしい煮込み料理が恋しくなりますね~。  因みに、スロークッカー、日本の煮込み料理にも使えますよ。 豚の角煮、おでん、シチューなどに大活躍です。  また、我が家は無類のラーメン好き^^; 今度は、ラーメンのスープを作ってみようかとレシピを検索中です。 おいしいレシピがあったら、是非ご紹介くださいな♥   スロークッカー マーサスチュワート Living    

Read more
Food: レストラン・アメリカの食材 Library: アメリカ生活便利情報 アメリカの食材 アメリカ生活便利情報

NHK みんなのきょうの料理、7年間分のレシピ検索

きょうの料理は、多分、私が生まれる前から続いている^^;NHKの長寿番組で、決してお洒落ではないのですが、素朴な家庭料理の味を割りとロジカルに実現してくれる料理番組で、母娘ともども好きな料理番組だったのですが、これがインターネットで、過去7年分のレシピを公開しています。 みんなのきょうの料理 自分好みの味を保存できるのもいいですね~。  

Read more
Food: レストラン・アメリカの食材 Library: アメリカ生活便利情報 アメリカの食材 アメリカ生活便利情報

旬の野菜・果物を使ったサラダRecipe

この時期、我が家の冷蔵庫にはCostcoで仕入れた、安くておいしい旬の果物で一杯です。 毎朝数種類の果物で朝食完了!!! なのですが、そんな旬の果物や野菜を使ったサラダのレシピ101種類が紹介されていました。 New York times:101 Simple Salads for the Season   スイカやメロンを使ったサラダもあって、季節感一杯。 Cobb Saladに代表されるアメリカのサラダは、いろいろな食材が入ってボリューム満点、メインディッシュにもなります。  新鮮な野菜と果物で、暑い夏を乗り切りましょう!!!  

Read more
Food: レストラン・アメリカの食材 Library: アメリカ生活便利情報 アメリカの食材 アメリカ生活便利情報

Quail & Cherry Season

丁度、昨年の今頃のエントリーベイエリア動物記 California Quailに書きましたが、今年も我が家にQuailの親子がやってきました。 昨年やってきた、あの場所に、我が家のバックヤードを横切ってやってきました。 くぅ~、可愛い♥♥ そして同じくこの時期、我が家のバックヤードの隅の方にある2本のさくらんぼの木も実をたわわにつけて、収穫の最盛期です。 いつもは、家族で食べる分だけ何度か採って、後は野鳥か庭師さん達が持っていって終わりなのですが、今年はこんな道具を買ってきて、先週末チェリーパイを焼いてみました。 Cherry Pitter(さくらんぼの種採り)。 これが、思いのほか家族に大好評。 「また、作って。」と、せがまれたので、今日庭に出てみたところ・・・・・・ぎゃぁ~!!!! さくらんぼ、ほとんど全て、きれいに刈り取られていました。  これは、これは、野鳥が食い荒らしたのではありません。 誰かが、きれいさっぱり刈り取ったのです。 いや~ん、ショック。  毎年、家族だけでは食べきれないから、多少持っていってくださるのは構いませんよ。 どうぞ、どうぞ、なんですが、熟した実から、まだ色の浅い実まで、全部なくなっているなんて・・・・・ひどい。 ちょっとひどすぎ。。。orz。。。。   気を取り直して、来年のために、今回上手くいったレシピをメモしておきます。

Read more
Food: レストラン・アメリカの食材 Library: アメリカ生活便利情報 アメリカの食材 シリコンバレー・ベイエリア情報

おいしいChocolate@San Francisco on Google Map

先日のエントリーで、サンフランシスコの人気チョコレート屋さんを上げましたが、それをGoogle Mapにアップしてみました。 View Chocolate Shop in San Francisco in a larger map   そろぞれのチョコレート屋さん、お店は1店舗か2店舗というところが多いので、気になるチョコレートがあったら、是非お店まで足を運んでみてくださいな。 また、これらのチョコレート屋さんの中には、Andronico’s ,Draeger’s Market,Whole Foods Marketといった高級グロッサリーストアーの一部、ある決まった店舗に商品を出しているところもあります。 こちらは各チョコレート屋さんのWebサイトでご確認ください。  

Read more