Food: レストラン・アメリカの食材 Library: アメリカ生活便利情報 アメリカの食材 アメリカ生活便利情報

アメリカ人が喜ぶ日本料理 2

前回のエントリーでは、アメリカ人が喜ぶと思われる^^;日本料理を作るときのコツ、ご紹介しましたが、今回は逆にアメリカ人が苦手???かもしれない日本料理を。
香りを楽しむお料理&お吸い物系
日本料理には、香りを楽しむお料理・・・例えば今の時期なら松茸の土瓶蒸しなどがありますが、日本独特の香りを楽しむお料理は、アメリカ人にとって????かもしれません。
また、お味噌汁(Miso Soup)は、ある程度市民権を得てきていますが、出汁や香りを楽しむお吸い物も、よくわからない^^;お料理のひとつかもしれません。
アメリカのスープとクラムチャウダー、チリ、ビスク、トルティーヤスープのような、Thickで具沢山のスープが一般的。 勿論、ブイヨンを使ったスープも沢山ありますが、これも具沢山が主流。 
なので、具の少ないお吸い物や松茸の香りを楽しむ土瓶蒸しは、日本通のアメリカ人以外には、よくわからない一品と思われます。
 
食感
アメリカの食材にみられない食感・・・これは、日本食を食べなれていないアメリカ人には違和感あるかもしれません。
例えば、昆布。 昆布巻きなどはちょっと甘く味付けできるので、味的にはアメリカ人にもOKなのでは・・・・と思いきや、昆布の食感に抵抗があるよう。
同様に例えば里芋。 アメリカのグロッサリーストアー(Safewayなど)では、一応普通に売られているのですが、里芋煮の食感は・・・・んんんん・・・・
糸こんにゃくはSome Kind of Noodleで受け入れられても、こんにゃくになると駄目だったり。
 
筑前煮
今回の懐石風料理で自信を持って^^;出した筑前煮が、一番不評….orz….
何故???何故???と今だに分析中^^;です。 里芋とこんにゃくは食感から避けられたとしても、ニンジン、椎茸、鶏肉などは大丈夫でしょう~、と思ったのですが、これらも全滅。 
お醤油の色が着いた見た目が避けられたのか、それとも干し椎茸の香りが避けられたのか(日本人でも、干し椎茸の香り苦手な方いますものね~。)、もう少し調査が必要かも^^;
 
因みに、今回、スープはワンタンスープにしました(どこが懐石だぁ~、とお叱り受けそうですが^^;)。 ブイヨンの透明なスープにワンタンたっぷり入れたスープは大好評。 次回は海老しんじょう椀あたりいってみましょうかね~。
 
 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *