Food: レストラン・アメリカの食材 Library: アメリカ生活便利情報 アメリカの食材 アメリカ生活便利情報

アメリカ人が喜ぶ日本料理 1

先日、久しぶりに家族が我が家に集まって食事をしました。 
いつもは、義姉達に習って比較的オーソドックスなアメリカの家庭料理を作るのですが、今回は新しい試みとして^^;、懐石風のお料理を出すことにしました。 (あくまでも、懐石風です^^;)
とはいっても、アメリカで揃う食材で、日本料理を食べ慣れていない人の口に合うようにいろいろ考え、夫に試食してもらいながら作りました。
その結果?!?!、喜んでもらえたお料理あり、イマイチだったお料理ありだったのですが、何となく日本料理を食べ慣れていないアメリカ人にも喜ばれる日本料理のコツあるようなので、ここに私が気が付いた点まとめてみます。
 
出汁
日本料理の出汁には、かつおだし、昆布だしなどがありますが、どちらかの味、風味が強い出汁はアメリカ人には「魚くさい」と感じるようです。  なのでこれらの出汁を使うときは、かつおと昆布を交ぜたりするとよいでしょう。
因みに、我が家の鍋料理、水炊き(かつおも昆布も入れないので、これが無難かと思った)からはじまって色々試行錯誤した結果、水炊きは一番不人気で^^;、かつおと昆布の出汁をちょっと強めにしたものが人気です。 土手鍋のようにお味噌を使ったものは、お味噌の好き嫌いによって人気が分かれるようです。
 
お刺身
懐石料理には、お造りが定番ですが、今回はパス。 夫&義兄達は、お刺身大好きですが、義姉の中にはお刺身苦手な人もいるので。   各国料理が集まるベイエリアではお刺身やお寿司もポピュラーですが、やはり大都市を離れると、お刺身やお寿司が苦手な人の割合がぐんと^^;増えます。 また、お寿司好きなアメリカ人でも、ネタ選びがちょっと難しいかも。  宗教的な理由から貝類や海老、カニ系を全く食さない人達もいるので。  また、食感???からか、トビッコは大丈夫でも、イクラは苦手とか(友人のご主人&夫などなど^^;)。
我が家の場合、シュリンプカクテルは前菜の定番なので、次回はもう少しお刺身系工夫して挑戦してみましょうかね。
 
たれ
日本食、特に懐石料理のよいところは、新鮮な素材の味を生かした味付けなのですが、ときにこれはアメリカ人にとってやや物足りないようです。
で、我が家では比較的に何にでも合うたれを2,3種類用意。
テリヤキのたれはアメリカ人大好きなので、はずれはないでしょう。 私的には^^;、ポン酢系が好きだったりするのですが、これは好き・・・not so much・・・が分かれるようです。 夫が大好きなのは、ケチャップとLea and Perrins steak sauce(日本のとんかつ、中濃ソースに近い)を交ぜたものですが、これは日本食にはちょっと強すぎるかと。 で、今回大、大、大好評だったのが、ゴマだれ。 ちょっと甘めに味付けしたゴマだれが飛ぶように^^;消費されました。
 
何だか1エントリーで書ききれそうにないので、次回に続く。。。。
 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *