Library: アメリカ生活便利情報 Money: 海外送金 アメリカ生活便利情報 資産運用全般

新しくなったYahoo Finance

先日、遅ればせながら^^;Simplexsimpleさんで、Yahoo Financeのインタフェースが新しくなったことを知り、使ってみました。
私の家族はYahoo Finance派、私自身は、Google Financeが好きなのですが、Google FinanceユーザからみたYahoo Financeの新しい機能についてちょっとコメントしてみます。
Yahoo Financeの新しく追加された機能は以下の通り。
 
1. Symbol検索が簡単に。

私がアメリカで新たに株式投資をはじめるにあたって、戸惑ったのがこのSymbol検索。 Google Financeの方は、はじめからこの機能があったのですが、以前のYahoo Financeの方は正しいSymbolを入力しないと株価情報も得られず・・・・でした。 
初心者(&ゴミ投資家)にとって、Yahoo Financeを使う前に、別にSymbol検索。。。という手順がちょっと面倒だったのですが、これが改善されて◎!!!
 
 


2. マーケットサマリがUS/ヨーロッパ/アジアにも。

これはすごい!
マーケットのサマリが、同じチャートでUS/ヨーロッパ/アジアと切り替えて見ることができます。 これはまだGoogle Financeに無い。
 
3. Recent Quotesが便利に。

Recent Quotesは、調べた株価情報の履歴みたいなものなのですが、新しい機能ではシンボルにマウスをあてると、株価チャートがする~っと表示。 いや~、これは嬉しいです。  加えて、Clear機能もある♥ Recent Quotes はある数を越える(Google 12銘柄、Yahoo 10銘柄)と古いの消えていくわけですが、それはそれとして、調べた株価を一旦消してイチからやり直したい。。。ってこともあるわけで、いや~、このへんの機能、どうってことないんですが^^;あると嬉しいです♥
 
4. Market Moversが多彩。

これは、今日のマーケットで価格が上がった・下がった銘柄やら頻繁に取引が行われた銘柄をまとめた情報で、Google Financeにも同じものがありますが、新しいYahoo Financeには、ニュースで話題になった株価やら、いつもとは違う量の取引が行われた株価なんていうのがあって、楽しみです♥
この数字をどう読むか・・・・が投資家の実力・・・で(多分^^;)、私なんぞは眺めるだけが精一杯ですが、投資家はこんなところにも着目して株価への影響を考えるのか。。。と、参考になります。
 
5. Yahoo! Finance Essentialsは、Financeニュースエッセンス

この機能は、RSS使って経済ニュース集めてくればいいようなものなのですが、それでも、それでも、1ページの中に納まってくれるのは嬉しい。
と、以上が、新しくなったYahoo Financeのゴミ投資家ファーストインプレッションです。
全体としては、Google FinanceiGoogleに載せた感じに仕上がって+ちょっと動きみてみたい(=シンボルにフォーカスするとグラフ表示)と詳しくみてみたい(=詳細情報に遷移)のバランスがよくできている気がします。
Google Financeユーザの私なんですが、Yahoo Financeちょっと使ってみたくなりました。
Myポートフォリオ入力してみましょうかね~。
 
 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *