Money: 海外送金 海外送金方法

海外送金方法 JP→US 現金引出

現金引き出し(国際キャッシュカード・ワールドキャッシュ):
為替レート: 高い
手数料: 高い
ポイント: 必要な分だけ換金できる。 急な場合にも便利
適した方法: 小額の引き出し。
 


 


= 利用方法 =
これは、海外のATMから日本にある口座のお金を引き出す方法で、専用の口座を作って引き出す方法と、現在持っている口座から引き出す方法があり、金融機関によって違います。
専用口座から。
郵貯、Citibank、三井住友銀行、新生銀行などが行っているサービスで、日本国内の口座から海外のATMで現地通貨が引き出せるサービスです。
このカード発行に手数料とATMで引出しの手数料(現在200円など)さらに、使用するUSのATMで別途手数料がかかることもあり、手数料が高くなります。 これが利用できる日本の口座は、専用の口座、あるいは普通預金の口座など金融機関によって違います。 また、利用できる限度額やカードの有効期限があります。
余ったお金は、後日日本でそのまま引き出すことができるので、必要な分だけ海外で使いたい場合に便利です。  このカードの発行手数料と利用手数料は以下の通りです。

金融機関 海外での提携先ATM 発行手数料 為替 利用手数料 ATM手数料
郵貯 プラス ¥1,050 ¥200 利用するATM
によって
$0~$3くらい
Citibank プラス&CitibankのATM ¥1,050 ¥200
みずほ銀行 プラス&シーラス
注:口座によって異なる
¥1,050 ¥210
三井住友 プラス ¥1,050 ¥200
三菱東京UFJ ¥1,050 Visaインターナショナルレート+3% ¥210
新生銀行 プラス ¥0 Visaインターナショナルレート+4% ¥0

 
既存の口座から。
Citibankなどが行っているサービスで、キャッシュカードで、既存の口座から海外ATMで現金が引き出せるサービスです。 Citibankの場合、海外のCitibankのATMを利用した場合、引出し時の手数料はかかりません。

また、マエストロのマークのついたお店ではデビットカードとしても利用できます。ただし、他のATMを利用した場合は、別途手数料がかかることがあります。為替レートは、『仲値+3円』レートが適用され、1日の利用限度額(現在10~30万円)が定められていますが、ソニー銀行のように外貨預金の口座から引き出す場合、為替レートはかなり安くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *