Food: レストラン・アメリカの食材 アメリカの食材

日米の違い – サワークリーム –


日本とアメリカでは、同じ名前でも形、味、食感などが異なる食材が多くあります。
先日日本に帰国して気がついたのは、 サワークリーム
そこで今回は、アメリカと日本のサワークリームの違いについてお話します。
 


まず、サワークリームとは、クリームに乳酸菌を加えて発酵させた乳製品で、味や見た目はプレーンヨーグルトに似ています。
(参照:Sour cream-by Wikepedia)
アメリカでは、ポテトチップスや野菜などのディップ、ベイクドポテト、あるいはエンチラーダ、ブリトー、タコなどのメキシコ料理、ボルシチやストロガノフなどのシチュー料理やキャセロール料理に多く使われます。
先日、日本へ帰ったときに、夫が 「ポテトチップスをサワークリームで食べたい」 と言い出し近所のスーパーへ行ったのですが、まず、このサワークリームが見つかりません。
そういえば、私が日本にいた頃メキシコ料理を作ろうと、比較的食材の豊富なスーパーへ行っても、乳製品の並びに置いてあったサワークリームは1種類だけだったのを思い出し、今回もホイップクリームコーナーの奥あたりを探し、これまた1種類だけ置いてあるサワークリームを見つけました♥
サワークリームは、日本ではまだまだポピュラーな食材ではないのでしょうか。
そしてプリンのカップ1つ分の大きさのサワークリームを買って、ポテトチップスですくうと・・・・固い^^;
そうでした、そうでした、日本のサワークリームは、クリームチーズのようなしっかりとした^^;硬さがあります。
アメリカのサワークリームも硬さはメーカーによって違いますが、日本のサワークリームよりもかなり柔らかいです。 
この硬さの違い、水分量の違いなのか、それともその他の固形分などが違うのかよくわかりませんが^^;(ご存知の方、教えてください。)、この違いを念頭に、我が家でよく作る、超簡単&手抜きサワークリーム料理をご紹介します。
1. Dip系 → アメリカのサワークリームで作っているので、日本のサワークリームを利用する場合は柔らかくして作ってください。
Ranch: こんなRanch Dressing DipDipのもとをサワークリームの混ぜて♥
French Onion: こんなKnorr Frenchi Onionや、こんなのLipton French Onionをサワークリームに混ぜて、出来上がり♥
Spinach: 冷凍または缶詰のほうれん草とサワークリーム、それにマヨネーズを少し加えて混ぜるだけ♥
味噌: お味噌をお好みに合わせて。 お味噌の香りが苦手な人でも結構いけます。
 
2. トッピング系 → 暖かい料理の上にのせるので、日米どちらのサワークリームでもOK。
ボルシチ、ビーフストロガノフ
チリ
ベイクドポテト
 
3. キャセロール系(いろいろ混ぜて) → 固さの違いは加える水、牛乳で調節してください。
グリーンピース
グラタン
4. その他
タコ(メキシカン)サラダ: アボガド・コーン・キドニービーンズ・タコ・サルサ&サワークリーム
添え合わせパスタ:
タルタルソース: マヨネーズの量を少し減らしてサワークリームを。
リゾット: 仕上げの隠し味に。
その他、サワークリームを使ったお料理のレシピは以下を参考に。
Daisy Sour cream:英語
中沢サワークリーム:日本語
メイトサワークリーム:日本語
 
 

  1. はじめまして。「We Love Sour Cream! サワークリームブログ」を運営しております事務局スタッフです。
    このたび、こちらの記事を当ブログで紹介させていただきました。同じ品物でも、国によっていろいろな違いがあることが分かり、面白く読ませていただきました。
    よろしければ、当ブログにも遊びにいらしてくださいませ。今後ともよろしくお願いいたします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *