Library: アメリカ生活便利情報 Uncategorized アメリカ生活便利情報

英語版Excelで西暦年を和暦年に

Excelやワードで、操作方法などがわからないときに私がよく利用させて戴いているサイトに、インストラクターのネタ帳というサイトがあります。
このサイトでは、日本語版のMicrosoft Office製品の使い方について、FAQ,Tipsをまとめられており、ほとんどの場合、英語版Officeを日本語化した環境でも同じ操作方法で使うことができます。
先日のトピックで西暦年を和暦年に変換する方法が紹介されており、『これは便利そう!』と思って、英語版Officeを日本語化したExcelで試してみたところ、上手くいきません。
先のトピックの中にあるサンプルデータをダウンロードしてオープンすると画面の通り正しく表示されるのですが、このセルを同じファイル内でコピーしてもエラーになります。
少し試行錯誤して、日本語化した英語版Excelで設定する方法を見つけました。
 


インストラクターのネタ帳さんのサイトで紹介されている、西暦年を和暦年に変換する方法では、DATEVALUE関数を使った方法が紹介されています。
ところが、英語版Excel(日本語化済み)で、紹介されている通りに同じ関数を使っても#VALUEとなりうまくいきません。
英語版Excelで西暦年を和暦年に変換するのは、DATE関数の方です。(以降セルの形式設定については、西暦年を和暦年に変換するを参照ください。)
ここでふと、気になって、英語版Windows XPの日付に関する設定を調べてみました。
私のPCでは、”Regional and Language Option” の、”Regional and Options”の設定はEnglish(United States)になっているので、これが原因では???と思ったのです。

然り、この設定がJapaneseになっていればDATEVALUE関数でもうまくいきます。 この設定がEnglishその他の設定になっている場合は、DATE関数の方がよいようです。 この関数であれば、上記の設定がJapaneseになっていてもうまくいきます。

One comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *