Library: アメリカ生活便利情報 Money: 海外送金 Uncategorized アメリカ生活便利情報 海外送金・資産運用FAQ 海外送金方法

海外送金方法:まとまったお金の送金

海外送金、国際送金の方法、手数料、為替などについては、このサイトの海外送金 日本からアメリカ海外送金 アメリカから日本で説明していますが、ここでは、少しまとまった金額を送金する場合のTips、注意点について。
 


海外送金にかかる費用が、適用される 為替 と 手数料 によって違ってくることは上記のページでも説明していますが、少しでも安い、お得な海外送金方法を見つけるには、送金金額にあった方法を選ぶことがポイントです。
当サイトの海外送金手数料 自動計算 日本からアメリカでは、送りたい金額と現在の為替を入力すると、送金方法別に手数料(概算)が計算できるようになっていますので、海外送金する場合は、是非一度試算して確認してみてください。( アメリカから日本への計算方法はこちら)
海外送金は基本的に、少ない金額の場合は為替の影響は少なく、手数料の安さで探すのがよいのですが、金額が大きくなってくると、手数料よりも、適用される為替の影響が大きくなります。
今回は、家の購入のために親からの資金援助を受けたり、また日本へ帰国の際にアメリカの銀行口座の預金を日本へ送金するような、大きなお金を送金する場合の注意点とTipsについて説明します。
例えば1千万円を超えるような大きな金額を海外送金する場合、電信送金 を使うのが安全で確実です。
電信送金手数料は、4000円位のところもあり他の手数料と比較すると高いのですが、大きな金額の送金の場合は、これは実はあまり問題になりません。
大きな金額を送金する場合は、 為替 の影響の方がはるかに大きいです。
アメリカの銀行口座から日本の銀行口座へ電信送金する場合、銀行によってはアメリカの銀行で円に替えて送金すると手数料がかなり安くなることがあります。
ところが!これで注意しなければいけないのは、アメリカの銀行で適用される為替レート。 実は、アメリカの銀行で適用される為替レート(ドル → 円)は日本の銀行で適用される為替レート(ドル → 円)よりも悪いので、例え送金手数料が少し安くても、大きな金額の送金の場合はこれを避けましょう^^;
また帰国などで送金は済ませたいけれど、為替がよくなってから ドル → 円 へ換金したい。。。というケースには、日本の銀行の外貨預金口座へ送金するとよいでしょう。
海外の銀行から、外貨預金口座へ直接送金ができない場合は、その外貨預金口座で海外発行の小切手が扱えるかどうか確認してみてください。
例えばアメリカの銀行のキャッシャーズチェック、パーソナルチェックなら、手数料なし、もしくはわずかで外貨預金口座へ入金できることがあります。

2 comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *